ロサンゼルス

ロサンゼルスという街

最も人気のある留学先

ではここから留学先として選択されている最も人気のある国と地域、そしてそこで勉強するために利用することになる教育機関として人気の施設等を紹介して行きましょう。まず始めに一番人気のある地域から紹介して行きましょう。

まず第一位として選ばれ、留学先としては最も定番ともいえる国、そして地域として考えるのでしたらここ『アメリカ合衆国・ロサンゼルス』となっています。やはりアメリカですね、多国籍文化として様々な人種の人々が集中しており、国内には日本の関連している企業も沢山ありますし、中には日本人街という日本に関連している食材や飲食店などを扱っているようなところもありますから、そういう意味では親しみがあるでしょう。

そして何といってもロサンゼルスはアメリカの商業機能が集中している地域ですから、ここに来れば世界の中心点を見ることができるとまで考えて良いでしょう。一つ書き忘れていましたが、この記事を書いているときにはアメリカの一部政府機関が閉鎖している時期と被っていますが、今回紹介する留学先のランキングにはその影響を受けていないものを紹介するので、あらたかじめそのことをご了承いただく上でこちらの文章をご覧下さい。

カリフォルニア州の中心点

言うまでもありませんが、このロサンゼルスという街は属しているカリフォルニア州の全てが集約している都市となっています。しかし元々はこの街もそこまで大きな都市としての機能を有していたえわけではなく、時代の移り変わりと共にその力を徐々に高めて行ったのです。

ロサンゼルスが商業や金融の拠点となり始めたのは、実は20世紀全体に掛けてその規模が大きくなっていったのです。1900年初期頃、この時期にロサンゼルスの住んでいた人というは僅か10万人足らずでした。少ないですね、そんな人数がそれから60年という時間が過ぎた頃にはなんと248万人にまで劇的に増えているのです。それまではシカゴなどの年に人々は集中して住んでいましたが、自然災害などを契機として1957年になると市街の高度制限を撤廃する動きが始まったのです。これを契機にロサンゼルス周辺には日本で言うところの高層マンションなどが立ち並ぶようになっていき、現代までには大都市と呼んでもおかしくないほどに経済発展を遂げることに成功したのです。それまではロサンゼルスという街には立てられる高さの建物が制限されていたという因子が、撤廃されたことで今までくすぶっていた建設会社などがこぞってマンションなどを立ち始めたことで加速度的に人口が増えたということになります。

そんな経過を過ぎたことで商業も急速に発展していき、西海岸最大の商業・金融都市にまで成長を果たすことになったのです。アメリカといったら日本とははかりしようもないほど広い国土を持っているので、大まかに分けて東と西で企業の展開や運営は分かれているのでしょう。そう考えたらロサンゼルスという街は西海岸最大とまで言われている理由も納得がいくでしょう。

もちろん大学などの教育機関についても充実していますが、今日では電子機器や半導体、宇宙産業といった光学分野でも目覚しい成長を遂げており、そのほかにも軍事産業や航空機産業なども大きく発展している町なので、勉強できる範囲としては非常に奥が深くなっていまして、そして学べることの深さというものは底知れないでしょう。

人口から見るロサンゼルスという町

アメリカには元々インディアンという黒人たちがいましたが、この国の歴史を辿っていけば黒人たちがどのような迫害を受けていたのかということは改めて説明することでもないでしょう。そしてこのロサンゼルスという町にはどのしょうな人種の人々が居住しているのかということを見てみると、その大半が白人となっています。アメリカといえば黒人という印象が個人的にはありますが、調べてみると全体の約11%、インディアンにしては0,8%となっているのを見てみるとイギリス系列が多いのかということを気に掛けてしまいますが、白人でここロサンゼルスに住んでいる人々はヒスパニック系列、もしくはラテン系列となっていまして、具体的にいえばイギリス出身の血を持っているという人が占めているという事もないのです。

でも結局は純粋な意味でこのアメリカ大陸に在住している人はほとんどいないというのも頷けてしまいます。深い意味でロサンゼルスの町から見るアメリカ合衆国を勉強するとなれば、それこそ英語が必須になります。話せない、読めない、聞こえない、この三重苦から抜け出せない人からすればもはや苦行でしかないでしょう。

治安という問題

留学先に行くとして気をつけなければならないこととしては、やはり留学先の治安情報は重要でしょう。日本人が一人海外に行くということはこれほど格好な的ないほど標的にされやすいです。何より銃社会ですから、いつ発砲されて打たれるような時代に巻き込まれてしまうことも十分にありますから気をつけなければなりません。

特に近年のロサンゼルスでは特定の宗教などに属している国に住んでいる人たちに対して行なう『ヘイトクライム』という犯罪が多発していまして、その中でもアジア系に関する国の人たちは要警戒態勢が求められているのです。こうなると助けが呼べる、もしくは対応することができるようになるには英語を話すということは不可欠となります、困っているから助けられるという社会ではありません、困っているほど狙われやすい社会でもありますから、一度留学先にて足を踏み出したならその後の展開は全て自分で管理できるようになっておく必要がありますから気をつけて置いてください。