バンクーバー

カナダ

カナダ国内第3位の人口を誇る街

留学したい地域地域ランキングも残り二つとなりました、どことどこなのかと気になりますが後は何処の国が残っているのかは何となくお分かりかと思います。そんなわけで第4位の人気留学先の地域としてカナダの『バンクーバー』が人気の留学都市として人気を博しているのです。カナダですね、極寒の地カナダです。そんなカナダ国内の中でも特に留学先として人気があるのが首都トロントではなく、人口第3位を記録している街『バンクーバー』となっているのです。選ばれている理由としては、日本からもっと近いところに位置しており、気候が1年を通して穏やかであるという特徴から留学生や移住者を呼び込んでいるといいます。気候が穏やかというのは良いですね、暑すぎても寒すぎても嫌だと嘆いている人も大勢いるでしょう。私も暑いよりかはまだそれなりに寒いほうが良いですが、それでも過ごしやすい気温で年中過ごせたら良いなぁとも思っています。中々そういう地域もないからこそ、寒暖の差が激しくない地域が選ばれる留学先の人気理由の一つになっています。

中心部となっているダウンタウンには多くの語学学校が立ち並んでいるので、いかにこの地域に留学生が集中しているのか現地に行けばわかると思います。そして中心街は十分に自分達の足だけ出歩きまわれる距離感となっていますから、息抜きの観光をするときには車などを借りて行動しなければならないアメリカと比べたら余計な出費をする必要がないでしょう。レンタカーを借りるだけでも出費としてはそれなりに痛いですからね。ですがそんな出費を惜しまない人はバンクーバー郊外へのアウトドアをするのも良いと思います。少し都市部から離れたところには自然が広がっているので、野性を取り戻すために来た原始的な人からすれば修行となりますね。

バンクーバーの歴史

バンクーバーの歴史を語るのであれば、ロッキー山脈をおいて他にはないでしょう。確かに元々はイギリスの植民地としてがすべての発端ではありますがそれは世界のほとんどの地域に同じことが言えます。私たち日本に関しては植民地として支配されなかっただけまだマシだと思いますが、このカナダもそんなイギリスの大陸発見を目的にしている人間からすればやはりこれもまた偉大な発見として考えられるでしょう。この地域に元々先住していた人間こそ3000年以上前から在住していたといわれていますが、自然の構成具合から考えても10,000年以上前から人が住んでいたと考えている学者も存在しています。そんな遥か昔に住んでいたという人の痕跡が発見されれば、歴史的重要な発見でしょう。いつか見つかると良いですね。

バンクーバーという知名に関しては、こちらはバンクーバーを見つけたイギリスの探検家『ジョージ・バンクーバー』が発見したことで、その名前から取られて付けられました。

それから直ぐにイギリス人たちが植民地として新たな生活基盤を築こうとして動き始めることになりました。一時期は金鉱を発見してゴールドラッシュが起きるような時代にもなりましたが、比較的ゆったりと大陸を開墾していくことになりました。当時は林業を中心にした商業が行なわれており、バンクーバーから送られる木材はイギリスをを始め、オーストラリアへの輸出も行なわれるなどの活動を行なっていきました。

1871年、カナダがイギリスから独立することになって自治領カナダ政府として地位を確立することになると、バンクーバーも流れに乗っかるようにと都市整備を行なっていきました。20世紀に入ればギャスタウン周辺が市の中心として栄えるようになり、この頃になるとイギリス方式として輸入されていたものを改良していく動きも見らレ手いるところから考えると、やはり自分達の街なのだから何時までもイギリスのパーソナルカラーを身に纏っているのは変だと感じる人が多かったのかもしれません。植民地としてその地域に住んでいる人からすれば、自分達は何者にも征服されていない、そんな自分達はれっきとしたこの国の住民であるという誇りを持っていたからこそ、徐々に自分達のルールへと改良を加えていくことになったのでしょう。

元々カナダには天然資源がたくさん眠っているということもあって、石油などを世界に輸出するという役割を持っている港湾事業の発達を始め、歴史が徐々に私達の現代へ進んでいくと同時にバンクーバーの都市圏も経済発展を遂げていくことになります。90年代付近になれば人口も200万人近くに増えてカナダでも主要な都市のひとつとして国内で注目を集めることになります。こうした背景も合って移住者も増えていき、自然環境と都市文化のバランスの良い発展の仕方はまさしく人が住むには最高の環境となっていたということになっていきます。それが今日までの留学や移住者が多い理由へと繋がっていくわけであります。

治安について

留学先の治安情報というのは留学前に仕入れておくことが重要です、人づてに安全であるということを聞かされて特別な準備もなく海外渡航をするという人は少ないと思いますが、飛行機に乗って海外の空港に着いた時点で本来なら警戒を怠ってはいけないのです。海外の降り立った時点で私達は日本にはいないのです、そこは誰かが必ず守ってくれるということではなく自分の身は自分で守るという意識を持っておかないといけないのです。

よく思うのですが、日本人は世界的に見ても個人の防犯意識というものが非常に薄いと感じます。私の家族にしてもそうですが、自宅にいれば問題ないと考えている節があり防犯意識がまるでないと感じるときがあります。私個人としては、実は中学時代にロッカーの鍵を使用していたらペンチか何かで壊されて中身を勝手に使われたということがありました。学内でまさか鍵を使用していたのに無理やり壊されるなんてことがあるのか、しかも私立の学校でと唖然としました。それ以来、私は防犯というものを常に意識するようになりました。それでも海外視点からすれば薄いと思いますが、さすがに仰天体験を経験しているだけあって意識を持つようにはなりました。

海外でもそんな防犯意識は常に持っておく必要があります、特にこのバンクーバーではそういえます。とある記事にはバンクーバーは安心安全な都市として紹介されていますが、そう書いている記事は信用する価値がないといえます。詳しい治安情報に関しては外務省が発表している情報を参考にしてください。そちらに書かれている情報としては、現在のバンクーバーは凶悪犯罪が多発している地域で、日本人が昼夜を問わず巻き込まれてしまうケースも起こっているというのです。軽犯罪にしても全体的な割合からすれば減少傾向にあるといわれていますが、それでもに日本にいるときと同じような感じで普段から歩いていたら間違いなく被害にあいます。特に日本人留学生を始めとした、街に溶け込んでいない人は現地の住人からすれば一目瞭然だといえます、やはりどこか浮いているんでしょうね。そのため報告には上がっていないけれど、実は被害にあっているという人も多いといわれています。

最も気をつけなければいけないのは夜での行動です、一人で歩いてはいけないと指定されている地域がいくつか存在しているので非常に危険が伴ってしまいます。特に女性は性犯罪に巻き込まれてしまうケースが多発しているので、不用意に現地にいる人を信用することをすべきではないでしょう。

また現金関係の被害も多く発生しており、特にクレカ等のスキミング被害にも注意を要します。中には被害にあったにも関わらず警察が普段から頻発しているために、碌に取り合ってもらえなかったという体験をした人もいるそうです。それだけ現地で留学、もしくは観光している人が非常に多く狙われているといえます。

人気の街ではありますが、最近では特に治安という問題に関しては十分警戒を要することになります。日本にいるときのように困ったら誰かが助けてくれるという意識は捨てましょう、自分の事は全て自分で守る、不用意に見ず知らずの他人を信用することはしない、この二つは最低限心構えとして所有しておきましょう。もう少し現地での治安情報を求めたい人は、外務省のホームページをご覧下さい。